当サイトでは、特典航空券を目指してマイルを貯めようとしている方をサポートする情報を掲載しています。

JCBやVISA、ダイナースなど、様々な国際ブランドがANAとの提携カードを発行しているので、カードブランドにこだわりがある人でも効率的にANAマイルを貯めることができます。


このサイトではANAマイルの情報を専門に扱っていますが、JALカードの比較情報も載せていますので、マイレージ選びに困っている方はそちらも参考にしてみてください。いざ貯めてみるとなかなか貯まっていかないマイルですから、気長に、計画的に貯めていくことが大切です。

ですが、そう頭ではわかっていてもつい面倒になってしまいますよね。比較情報盛りだくさんでお届けしていきますので、そんな方にも自分に合ったカード選びの参考にしていただけると思います。

また、マイルの基本情報から紹介しているので、マイル初心者の方にも参考にしていただけると幸いです。

ANAプロパーカードで比較

ANAマイルを貯めたい方にとっては、チェックしておくべきANAのプロパーカード。年会費別にクラスが分かれていて、そのランクによってマイル特典も異なっています。

ANAマイラーにとっては基本のカードなのでぜひ参考にしてみてください

ANA一般カード

ANA一般カードは、ANAマイラーにとって最も基本的なカードです。

フライトボーナスマイルや、ANA加盟店マイル、入会、継続ボーナスのマイルなど、ANAのマイルを貯めるための基本的な特典が付帯していますので、初心者にも最適なクレジットカードです。

また、提携カードとは異なり、上位のゴールドやプラチナカードもあるので、長い目でANAマイルを貯めていきたいという方にもおすすめ。

ANAワイドカード

ANAワイドカードはANAの一般カードの括りですが、ANA一般カードより充実した特典が特徴のクレジットカードです、具体的には、毎年付与される入会、継続ボーナスのマイルと旅行保険が充実しているという特徴があります。

ゴールドカードとの違いは、国内旅行保険とフライトボーナスマイルで、スペックで見ると一般カード以上ゴールドカード未満のクレジットカードと言えますね。

ANAワイドゴールドカード

こちらはANAカードのゴールドカードになります。

フライトボーナスも入会、継続ボーナスも、旅行保険も充実した特典が強みのクレジットカードです。

年会費が高めなので、カード利用額やANAでのフライトが多い方におすすめ。

提携カードで比較

陸マイラー必見の、普段使いやショッピングでマイルが貯まりやすい提携クレジットカードの比較です。

お得で特徴的な特典を持ったカードが多いので、自分のライフスタイルや行動範囲に合わせて選ぶのがいいでしょう。ここではANA To MeカードとANA VISA Suica、ANA TOP CLUB&Qカードを取り上げたいと思います。

ANA To Meカード

今回比較している提携カードは、どのクレジットカードもANA一般カード並のスペックになっています。

それに加えてマイルを貯めやすい特典を付けたのが、これらのクレジットカード。このTo Meカードに関しては東京メトロでマイルが貯まりやすくなっています。

特に、休日に東京メトロに乗車すると13.5マイル貯まるので、かなりお得なクレジットカードです。

Pasmoで指定の自販機で購入すると100円あたり約1マイル貯まるのも魅力になっています。

ANA VISA Suicaカード

通常、クレジットカード利用の場合、Suicaのチャージでポイントは貯まらないのですが、こちらのカードでは、Suicaのチャージでもポイントが貯まります。

電子マネーを多く利用される方におすすめしたいクレジットカードです。

ANA TOP CLUB&Qカード

こちらのカードは東急グループでの利用で、通常のカード利用のポイント還元とは別に、3%から10%のTOKYUポイント還元があるクレジットカードです。

東急百貨店や東急ハンズ、109などで利用できるので、若い方からシニアの方までおすすめ。

ステータスカードで比較

ANAカードでも国際ブランドにダイナースやアメックスを選ぶことができます。

ともに年会費がダイナースやアメックスを上回っており、スペックもかなり高いのが特徴になっています。

しかし、ANAカードのプラチナカードよりは年会費も安く、ゴールドカード以上プラチナカード未満のカードであると言えるでしょう。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードは、ANAのプロパーカードのゴールドカードより年会費がかなり高く、スペックも高いクレジットカードです。

特にダイナースカードのプロパーカードと同等のグルメやゴルフ特典が使えるのは大きな魅力となっています。

一方で、ANAマイルも貯めやすくなっており、マイルだけでなく、その他の特典でもメリットが欲しい方に適したカードと言えるでしょう。また、付帯保険の額がプラチナカード並なのもうれしいポイントです。

ANAアメリカンエキスプレスカード

ANAアメリカンエキスプレスカードはANAダイナースと同様に、ANAカードのプロパーのゴールドより年会費が高く、その分スペックも高いクレジットカードです。

旅行やエンターテイメントに強いアメックスの特典が利用できるので、マイルだけでなく、マイル以外の特典でもメリットが大きいのがうれしいポイント。付帯保険も充実しており、特典を使いこなせる方にはこれ以上ないカードと言えるでしょう。