ANAダイナースクラブカードの特徴と詳細

他ANAカードとの違いor特徴

こちらのカードは名前の通り、ANAとダイナースの提携カードになります。

他のANAカードと異なるのが、まず国際ブランドがダイナースに限定されている点です。

そのため、ダイナースの特典を利用できるのが他のANAクレジットカードと大きく異なっています。

もちろんポイントプログラムもダイナースクラブのものになるので、マイルだけでなく、グルメやエンターテイメントも堪能できるのがうれしいカードです。

また、ダイナースクラブらしく、一律の利用限度額を設けていないのもこのカードの特徴です。

カード利用限度額なしグルメやエンターテイメントでも使える

年会費、還元率、国際ブランド

年会費が27,000円と、ANAのワイドゴールドより圧倒的に高く、プラチナよりはかなり安い価格帯のカードです。

マイル還元率は1.0%とゴールドカード並みですが、それ以上に特典が充実しているのがこのクレジットカードです。

国際ブランドはもちろんダイナースしか選択することができません。ダイナースクラブカードは特にグルメやエンタメに強い国際ブランドですので、お得度重視というより、マイレージサービスと年会費以上のサービスや特典が欲しい方におすすめのカードです。

ポイントプログラムに関しては100円ごとに1ポイント貯まり、有効期限が無期限で、1ポイント1マイルに換算できるのがうれしいポイントですね。

ANAダイナースクラブカードs特徴

ボーナスマイル

カード入会、継続ボーナス

これはワイドカードやゴールドカードと同じく、入会の際に2,000マイルの付与ボーナス、毎年クレジットカード更新の際に2,000マイルの付与ボーナスをしてくれる特典です。

フライトボーナス

こちらも同じように、ANAの飛行機に乗った場合、移動距離に応じてもらうことのできる区間マイルが25%増しになるという特典です。

Edyでマイル

こちらは電子マネーのEdyのチャージの際に、200円ごとに1マイルが付与されるというものです。

ANAカードマイルプラス

ANAダイナースでも、マイルプラス特典を受けることができます。

加盟店・提携店での利用で100円もしくは200円ごとに1マイル付与される特典。

その他特典情報

ANA共通割引

ANA一般カードにも付いているANAグループ会社での割引サービスも利用できます。

付帯保険

こちらは他のカードを圧倒していて、国内外最高で1億円の補償をしてくれる手厚さが魅力です。

また、疾病傷害保険も300万円と高額補償で、アクシデントが起きがちな旅行にはもってこいのカードと言えます。

ダイナース特典

1.エグゼクティブダイニング
2名以上の利用で、1名分のコースメニューが無料になる特典です。

利用できる店舗はどこも高級店ばかりなので、かなりメリットの大きいサービスになっています。

2.料亭プラン
一見さんお断りなど、予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが代わりに予約してくれるので、接待や特別な会食などで利用されたい方におすすめのサービスです。

日本舞踊やお座敷遊びができる料亭プランは唯一無二の特典と言えるでしょう。

3.コナミスポーツクラブ優待
コナミスポーツクラブが特別料金で利用できるというものです。

ジムを頻繁に利用される方であれば、年会費分のメリットをこの特典だけで賄ってしまうことができるので、おすすめのサービスです。

4.プレーフィ半額ラウンド
こちらはゴルフデスクを通してコースを予約すると、会員本人のプレー料金が半額、同伴者も優待価格で利用できる優待になっています。

また、ゴルフバーの優待もありますので、接待や、ゴルフ好きに欠かせない特典です。

5.トラベルデスク
電話一本で航空券、ホテル、パッケージツアーの手配をしてくれるサービス。海外デスクもあり、急なケガや急病の際のサポートもしてくれるのがうれしいポイントです。

6.空港ラウンジ
ANAダイナースは空港ラウンジ特典もゴールドカードよりも豊富になっています。

国内の28空港に加えて、海外280空港のラウンジが利用できますので、かなりお得です。

特に海外でメリットが大きい特典なので、プライベートや仕事でよく海外に行かれる方には、有意義な特典だと言えますね。