ANA To Me CARD PASMO JCBの特徴と詳細

他ANAカードとの違いor特徴

このクレジットカードは、他のANAクレジットカードと大きく違う点として、東京メトロと提携したカードであることが挙げられます。

ANAでももちろんお得に利用ができますが、東京メトロでの利用の際もポイントが加算されていくので、東京都内に在住の陸マイラー必見の、お得クレジットカードと言えるでしょう。

東京メトロと提携しているのが特徴東京都内に在住の陸マイラーには強い味方

年会費、還元率、国際ブランド

年会費は初年度が無料ですが2年目からは2,100円(税込)となります。

こちらは他のANAカードとは異なり、直接マイルが貯まるというものではありません。国際ブランドはJCBのみで、そのため、クレジットカードの請求の還元については、OkiDokiポイントでの還元になります。

ポイント還元率が0.5%で、OkiDokiポイントをマイルに移行した場合には、マイル還元率は0.3%(最大1.0%)と、別のANAカードと比較するとやや見劣りします。

しかしこのカードが本領を発揮するのは、通常利用ではなく、特典を利用した時です。

ぜひ以下の項目も参考にしてください。

ANA To Me CARD PASMO JCB特徴

ポイントプログラムについて

ANA To Meカードはポイント付与特典に特徴のあるカード。1枚のカードで3種類のポイント(マイル)が貯まる特殊なカードになっています。

3種類のポイントというのは、OkiDokiポイント、メトロポイント、ANAマイルの3つで、お互いに優遇レートで移行することができます。

基本的には1,000円ごとに1OkiDokiポイントが貯まるという特典ですが、このポイントに加えて、さらにポイント特典があるのでそれを以下に紹介したいと思います。

東京メトロの利用でメトロポイント付与

平日のメトロの利用でメトロポイントが5ポイント付与、土日と休日のメトロ利用でメトロポイントが15ポイント付与される特典です。

PASMO利用でポイント

こちらは加盟店でPASMOを利用すると、200円ごとに1メトロポイントが付与される優待です。

また、自販機での利用の際は100円につき1メトロポイントが付与されます。

定期券購入でポイント

東京メトロ、東急、東武、京急、相模鉄道利用の方にはうれしい特典です。

今挙げた鉄道会社での定期券を購入すると1,000円ごとに1メトロポイントが付与されます。

入会、更新ボーナス

入会時に1,000マイル付与、カードの更新継続時に、毎年1,000マイル付与の特典です。

これはANAの一般クレジットカードにも付帯している優待でしたね。

フライトボーナス

ANAの航空便の搭乗ごとに、区間マイルの10%のボーナスマイルが付与される特典です。

これもANAの一般カードにも付いている優待です。

各ポイントの交換レートについて

各ポイントは以下の交換レートで移行することができます。

ANAマイル→メトロポイント

10,000マイル→10,000メトロポイント

メトロポイント→ANAマイル

100メトロポイント→90マイル

OkiDokiポイント→メトロポイント

1 OkiDokiポイント→5メトロポイント

メトロポイント→OkiDokiポイント

1 OkiDokiポイント→3〜10マイル

To Meカードを効率良く使うには

こちらのクレジットカード、ポイントプログラムの仕組みが複雑なので、ここで詳細についてお話ししたいと思います。

ANA To Meカードでは、まずはじめに、「マルチポイントコース」と「マイル自動移行コース」のいずれかを選びます。

マルチポイントコースは、OkiDokiポイントを自由に利用できるというもの。一方マイル自動移行コースは、OkiDokiポイントが自動的にマイルに移行されてしまう代わりに、通常1OkiDokiポイント3マイル還元のところ、5マイルまたは10マイルで移行できるというものです。

マイル自動移行コースを選んだ場合、さらに5マイルコースと10マイルコースを選ぶ必要があります。

これはANAマイレージの特徴のページでも詳しく紹介しているので参考にしてみてください。5マイルコースはマイル移行手数料が無料ですが、10コースは換算レートが高い分、マイル移行手数料がかかるのが特徴です。

カードの利用が多ければ多いほど10マイルコースの方がお得になります。

このページを読んでいる方はANAマイルを効率良く貯めたいという方が多いと思いますので、その場合はマイル自動移行コースを選んだ方がお得です。