ANAとJALのスペック別比較

ANAとJALのスペックを比較

こちらでは、ANAとJALのマイレージプログラムを比較してみたけど、やっぱりどっちがいいか決められない!という方向けに、実際のカードを比較することで、マイルカードを紹介していきます。

ぜひ、自分の生活と照らし合わせて、自分に合っているカードを探してみてください。また、そうでない方も、効率良くマイルが貯まるカード選びの参考になると思いますのでぜひお役立て下さい。

自分の生活と照らし合わせて、実際にカードを比較してみましょう。

一般カードクラスで比較

まずはそれぞれが発行する一般カードでスペックを比較します。

比較するのはJAL普通カードとANA一般カード。ANAカードには一般カードにANAワイドカードというカードも存在していますが、これに対応するJALカードがJAL CLUB-Aカードになるので、これも併せて比較していきたいと思います。

ANAカードとJALカード

年会費、還元率

一般カードクラスで見ると、年会費はともに2,000円クラスなので、違いはないようです。

しかし、JAL普通カードでは国際ブランドにアメックスを選ぶことができ、その場合の年会費は6,000円になります。

また、一般カードより高く、ゴールドカードより低いクラスにワイドカードとCLUB-Aカードがありますが、JALの方が年会費がかなり高くなっています。

一方還元率ですが、両者とも違いはありません。しかし、ANAカードがポイントで還元するのに対し、JALカードではマイルが直接貯まるというものになっています。

これはどちらも一長一短ですので、自分に使いやすい方を選びましょう。なお、JALカードの還元率が最も高くなるのは、年間3,000円のショッピングマイルプレミアムに入会したときです。

一方ANAカードの還元率が最も高くなるのは10マイルコースを選んだときで、移行手数料がかかります。

マイルボーナス特典

マイルボーナスについては、毎年無条件でもらえるANAカードと、毎年航空便を利用する度にもらえるJALカードという特徴が大きな違いです。

区間マイルのフライトボーナスはお互いに同様の内容になっています。

また、電子マネーのEdyで貯まるのはANAのJCBカードだけですので、陸マイラーや時々飛行機を利用する方にはANAカードの方が使いやすいと言えます。

また、マイル移行に関しては、ポイントで貯まるANAカードのみ有料になっていますが、同じ還元率にしようとするとJALカードでも同じく年間費用がかかるので注意しましょう。

付帯保険などの特典情報

付帯保険については、JALカードの方が少し優秀です。

というのも、国内旅行付帯保険がANAカードには付いていないからです。

代わりに国内航空傷害保険というものが付いており、これは飛行機に乗っている間の保険になります。

そのため、JALカードの方が少し保険が手厚くなっています。

ゴールドカードクラスで比較

上位ランクであるゴールドカードについて比較。航空会社カードのゴールドカードについてお互いに1種類ずつしかありません。

ANAがANAワイドカードの上位カードのANAワイドゴールドカード、JALがJAL CLUB-Aカードの上位カードのJAL CLUB-Aゴールドカードを発行しています。

年会費、還元率

年会費は一般カードと同様に、JALカードの方が高くなっています。

還元率についてはどちらも同じですが、JALカードについてはマイルで貯まるようになっています。

この点は一般カードと同じですね。

マイルボーナス特典

こちらも一般カードと似た違いがあります。

マイルボーナスについては、搭乗時のボーナスマイルはどちらも同じスペックでした。ANAカードが毎年継続利用をするだけでマイルをもらうことができますが、JALは毎年搭乗しないとボーナスが発生しません。また、Edyでマイルが貯まるのもANAカードのJCBのみです。

付帯保険などの特典情報

付帯保険に関しては、最も手厚いと言えるのが、JALのゴールドでJCBを選んだ場合です。

海外旅行保険で最高1億円の補償になるのはこれだけです。

しかし、JAL CLUB-AゴールドのJCB以外についてはANAの方が手厚いですね。というのも国内旅行保険がありながら、さらに国内航空保険が付帯しているからです。

これは一般カードと逆転していますね。ランクアップを前提にするならANAカードは優秀になっています。