マイレージプログラムの知識

マイルとは

よく「マイル」という言葉を耳にするけど、内容はよく知らない…という方もいらっしゃるかと思います。

こちらのページでは、「マイル(マイレージ)」について詳しく掲載していきますので、「マイル」についてよく知りたい、という方はぜひこのページを参考にしてみてください。マイルというのは、簡単に言えば各航空会社が提供する「マイレージプログラム」のポイントのことです。

マイレージプログラムというのは各航空会社が利用者に提供しているポイントサービスを指します。

マイレージプログラム=ポイントサービス、マイル=ポイントというイメージですね。また、マイルという名前は、距離の単位であるマイルになぞらえて作られたものです。

これは、飛行機に搭乗した距離に応じてマイルが付与されることに関係しています。

マイルは、基本的に航空便に搭乗した際の距離に比例してもらえるポイントですが、最近ではクレジットカードの利用特典などでもらえることが多くなってきました。間違えがちなのが、マイルというのは各航空会社ごとに設けられているので、航空会社が違う場合には貯まるマイルも異なります。

ANAだったらANAマイル、JALだったらJALマイルが貯まる仕組みです。

外資系航空会社もマイレージプログラムを持っていますが、日本在住であればJALかANAのマイルを貯める場合がほとんどでしょう。これらは無料で会員になることで貯めることが可能になりますが、クレジットカードの付帯特典になっていることが多く、大半の人がマイル対応のクレジットカードを契約して、マイルを貯めています。

カードによっても貯められる航空会社のマイルが異なったり、マイルの付与率が異なったりするので、よく吟味して決めることが大切です。

マイルとは航空会社が利用者に提供しているポイントサービスのこと。航空機の利用ごとにポイントが貯まるサービスです。

マイル還元率の考え方

マイルクレジットカードを選ぶ視点のひとつとして、マイル還元率という考え方があります。

ネットでカードを検索している方はよく見かけるワードですね。マイル還元率というのはポイント還元率と似た考え方で、クレジットカードの利用額100円あたり何マイルが付与されるかという考え方です。

マイル還元率で比較すると、どのカードがよりお得かが分かりやすいので、カード比較の際には、よくこの考え方を用います。

しかし注意しなくてはいけないのが、マイル還元率というと、多くの場合が単純にクレジットカードを利用した場合の還元率であるので、特典やボーナスマイルが考慮されていません。条件を達成することで付与されるボーナスや特典もかなりありますので、マイル還元率だけでなく、ボーナスマイルなどもチェックするようにしましょう。

マイル還元率はカードを比較する際に重要目安ですが、特典やボーナスマイルのことも見落としてはなりません。

ボーナスマイルは利用シーンにあわせて

特典でボーナスマイルが付与される場合には様々なケースがあります。

毎年継続利用することでボーナスマイルが付与されるケース、航空便に乗ることでさらにマイルが加算されるケース、提携店や加盟店で利用することでマイルが付与されるケースなど、条件はクレジットカードや特典によって様々です。

通常のマイル還元よりもボーナスマイルの方が割がいいことが多いので、マイルを効率良く貯めたい場合にはマイル還元率の高いカードを選ぶよりも、自分の達成しやすそうなマイル特典のあるカードを選ぶ方が効率がいいです。

自分のライフスタイルに合わせたカード選びがマイラーには不可欠と言えるでしょう。

マイルで出来ること

貯めたマイルは様々な特典に交換することができます。

特典航空券やグループ会社で利用できる割引券や座席のアップグレード特典と交換することもできますし、クレジットカードのポイントプログラムのようにグルメやワイン、小物と交換することもできます。

また、他の提携ポイントプログラムに移行することも可能です。

この中でももっとも人気なのが特典航空券で、マイラーたちのほとんどがこの特典航空券を目指してマイルを貯めています。

この特典航空券というのは簡単に言えばタダ乗りできる航空券で、行き先も国内外の主要空港が対象になっています。

ここで注意したいのが、「1マイルの価値」です。

このようにマイルは様々な特典景品と交換ができますが、現金換算すると同じマイル数でも大きな差があったりします。

他のポイントプログラムに移行する場合、1マイルの価値が1円換算になってりしますが、ビジネスクラスの特典航空券に移行する場合などは1マイルの価値は8円以上になることもあります。

参考までにエコにミークラスの特典航空券では1マイルの価値は3円ほどです。

このように何と交換するかで大きく価値の変わる「マイル」ですから、使い方も意識したいですね。詳しくはこちらも参考にしましょう。